SERVICES

コンセプトCONCEPT

全てに心を込める

私たちは何よりも「人」を大切にしています。料理をつくるのも、サービスを提供するのも人です。一人ひとりが心を込めて仕事をすることが、お客様の心を動かし、感動を提供することにつながっていきます。そして、飲食を通じて一人でも多くの人のライフスタイルを豊かにすることができれば幸せです。私たちは、一人でも多くの人の笑顔・感動を世の中に増やしていきたいです。

料理へのこだわりFOODS

今日ではなく、明日のお客様のニーズを満たす料理。

四季折々の旬の味わい、季節ごとの手作りメニュー。
OYAの料理には、訪れるたびに新しい発見があります。数ある飲食店の中からOYAの店舗を選んでいただいたお客様のライススタイルを豊かにするために、心を込めて料理をつくっています。
また、今日ではなく明日のお客様にニーズを満たすために、現状に満足することなく、日々、商品の進化改善につとめています。

  • 季節の旬の食材

    各店舗の料理長が産地や農家にもこだわって厳選した、その季節だけの旬の食材を積極的に取り入れています。

  • 手作り・ハンドメイド

    可能な限り、店舗で手作りすることを大切にしています。
    鶏ガラでスープをとったポトフ、自家製のパイやタルトなど、手作りした料理はお客様からの評判もいい人気メニューです。

  • 月替わり・季節替わりのメニュー

    3ヶ月に1度試食会を行い、メニューを更新。季節の食材を取り入れた新メニューのほかに、既存のメニューも常に見直しを図っています。

私たちが作る空間SPACE

クリエイターの化学反応が生み出す空間

OYAの店づくりは、さまざまなクリエイターがアイデアを出し合い、新しいコンセプトをつくっています。
ファッションデザイナーによるインテリア、DJによるBGMのセレクト、有名ブランドのデザイナーによるロゴ制作…。既成概念にとらわれない魅力的な空間の数々は、作り手の遊び心、ジャンルを超えた新しいアイデアから生まれているのです。

  • デザインディレクターEwan Playford

    複数店舗で内装を手掛けているのは、東京のファッション・シーンを中心に革新的な作品を発表し続けるクリエイティブ・エージェンシーPlayford DesignのEwan Playford。

  • ペインティングアーティストによるロゴデザイン

    HAND BAKESのロゴや店内のペイントは、ニューヨークのペイティングアーティスト・The Selby(セルビー)がデザイン。

  • SKATE THINGが手掛けるアートワーク

    BEEF KITCHENのアートワークは、ファッションブランド「C.E」のデザイナーSKATE THINGが担当。